7/13-7/29▷特別展|迷宮の悪夢

2018713日(金)~729日(日)
12002000日曜日は1800まで 入場無料 月曜日休廊
7月14日(土)17:00〜19:00 オープニングパーティ

2018年夏、妖美に満ちた世界への誘い

gallery fuでは、幻想的、空想的な事象を主要な要素とし、美しさのなかに潜む恐怖、恐ろしさのなかに秘められた美が浮かび上がってくる作品展「迷宮の悪夢」を開催いたします。
人は誰しも心のなかに光と闇を持っています。惜しみない愛情と、憎しみ、嫉妬、怒り、哀しみ・・・。闇があるからこそ光が際立ち、光を意識し、未来を切り開くことができます。しかし、ときとして人間は自身が抱える闇に打ち負けてしまうのかもしれません。
本展覧会では、ともすれば蓋をされ、なかったことにされてしまう人間の奥底に隠れている闇(=恐怖)に迫ります。
美しさに潜む「恐怖」を暴きだすダークファンタジー「迷宮の悪夢」にご期待ください。

迷宮の悪夢によせて
「恐怖の美学と幾何学」
 矢澤利弘(ダリオ・アルジェント研究家)

  人々が暗闇を恐れるのはなぜだろう。およそあらゆる生き物にとって、未知のものに対する「怖い」という感情は最も根源的なものである。歴史的に見て、人類はありとあらゆる恐怖に支配されてきた。
  2007年に出版されて以来、ベストセラーとなっている中野京子の『怖い絵』シリーズを持ち出すまでもなく、美術史において、絵画と恐怖とは切っても切れない関係にある。人は恐怖に陥ることを忌み嫌う。ではなぜ人々は恐怖の世界を描いたアートに魅せられるのだろうか。
  芸術の世界の恐怖と現実の恐怖とは切り離して考える必要がある。イタリアの恐怖映画の巨匠監督ダリオ・アルジェントは次のように語っている。
 「殺人は映画の中で重要な要素である。だが、騒ぎ立てる必要はない。なぜなら、観客は殺人が物語だと知っているからだ。映画の死は現実ではなく、血は作り物だと分かっている」。
  途方もない出来事や悪夢のような世界。あまりに暴力的なので思わず顔を背けたくなる作品もあるかもしれない。しかし、アートのなかでの体験は現実の恐怖とは違う。
 「怖い」アートに触れることは儀式に参加するようなものである。現実を離れて、徹底して作り込まれた形式美がもたらす快楽を堪能することこそが、悪夢を具現化した作品を観る楽しみのひとつだ。人々は暗闇を恐れる。だが、まばゆい光のもとでは我々は眠ることができない。深い眠りにつき、自らの心を癒すためには夜の暗闇もまた必要なのである。

それでは心に余裕を持って、この崇高な儀式に参加しようではないか。

参加作家|アズミ紗羅|川口絵里衣|齋藤杏奈|空野菜摘子|担木目鱈(タギメタラ)|田代聖晃|平野太一|牧田恵実|宮川慶子|山口友里|横田宙八|渡邊里絵香


カテゴリー: information, exhibitions

11月のスケジュール

 11/6(火)~11/11(日)
exhibition+rakugo
立川志の八真打昇進1周年記念“展”

RAKUGO fu×8 ここからがスタートだ。
gallery fu昨年11月に真打昇進を果たした立川志の八の真打までの軌跡を写真、映像などで振り返る展示と、そして、笑いと感動の落語会を開催。落語会|11月8日(木)夜の部:開場18:30 開演19:00/11月10日(土)昼の部:開場13:30 開演14:00 夜の部:開場18:30 開演19:00(完全予約制)


11/16(金)〜11/18(日)
exhibition+live
写真展とクラシックギターライブ
写真:西岡さと子 演奏:秋山智美

十一月の音
広島で撮影した写真の展示とクラシックギターのライブを開催(入場無料)。写真は過去の瞬間を閉じ込めたもの、音楽は瞬間的に過去になる時間の流れで作られるもの。そのふたつの融合をお楽しみください。ライブ演奏 13:30、15:00,、17:30 (最終日18日は13:30、15:00)


11/22(金)〜11/25(日)
exhibition
モザイク・イコン・カリグラフィー三人展
原里枝|山下リナ|寺田言子

-忘れられた記憶をたどる-
石やガラスやタイルなどの小片を並べて貼り、絵や模様を表すモザイクと、キリスト・マリア・聖者の像や聖伝の場面を描くイコン、独特のタッチで手書きの文字を美しく表現するカリグラフィーを展示。ワークショップ「モザイクで作るピチフレーム」同時開催|11月24日(土)14:00~ 参加費500円(材料がなくなり次第終了)