5/8-5/20▷海老塚耕一|錆[sabi]

5月8日(火)~5月20日(日)
12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊
レセプションパーティー:5月8日(火)18:00~

錆で描く。

gallery fuでは2018年5月8日(火)から5月20日(日)まで「海老塚耕一|錆[sabi]」を開催いたします。
陸海空の交通用具から超高層ビルまで、金属を加工利用するこことで文明を発達させてきた人間にとって「錆」は最大の敵とまで言われ嫌わる存在です。しかし、鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる、その「錆」を、海老塚耕一はこれまでにも数多く彫刻作品に取り込んできました。彫刻家の手を離れた鉄の作品はやがて「錆」を纏い、さらに深化し続けています。
本展覧会では「錆」を用いて描いた平面作品を展示します。海老塚耕一の「錆」は、はたして美しく、静かに物語りを紡ぎます。

海老塚耕一/Ebizuka Koichi(現代美術作家, 彫刻家, 版画家)
多摩美術大学 美術学部 芸術学科教授
1951年 横浜市出身
1976年 多摩美術大学美術学部建築科卒業
1979年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
主な活動
1986年「第6回インドトリエンナーレ」ゴールドメダル受賞(インド・ニューデリー)
1987年「第19回サンパウロ・ビエンナーレ」出展(ブラジル・サンパウロ)
1989年「第4回アジアン・アート・ビエンナーレ」最優秀作家賞受賞(バングラディシュ・ダッカ)
1991年「第15回平櫛田中賞」受賞(岡山・伊原市立田中美術館/東京・日本橋高島屋)
1997年「モンドマルサン彫刻展」出展(フランス・モンドマンサル)
1997年「インサイド」出展(ドイツ・カッセル)
1999年「第5回瀬戸田ビエンナーレ」作品設置(広島・瀬戸田町)
2001年「第19回現代日本彫刻展」神奈川県立近代美術館賞受賞(山口・宇部市野外彫刻美術館)
2002年「海老塚耕一展 -眼差しの現象学-身体・素材・記憶」(神奈川・神奈川県民ホール)
2003年「第14回タカシマヤ美術賞」受賞
2003年「大地の芸術祭 越後妻有アート・トリエンナーレ2003」作品設置(新潟・十日町市、津南町)
2007年「絵画・彫刻・今 そして明日へ 海老塚耕一展」(神奈川・かわさきIBM市民文化ギャラリー)
2007年「海老塚耕一展 混合の記憶-水と風の運動より」(富山・入善町下山芸術の森発電所美術館)
2009年「海老塚耕一展 呼吸する風の肖像」(群馬・渋川市美術館)
2012年「海老塚耕一展 風、扉は閉まっていると水に語る」(愛知・中京大学アートギャラリー)
2013年「海老塚耕一 水辺に佇み、風に触れる」(神奈川・カスヤの森現代美術館)
2014年「海老塚耕一 境界へ、水と風から」(神奈川・横須賀美術館)
2015年「第92回春陽展」岡鹿之助賞受賞(東京・国立新美術館)
2017年 海老塚耕一「励起する表面」作品を触れる・見る・感じる(東京・八王子夢美術館)
2017年「Daegu Art Fair 2017」(韓国・大邱広域市)
ほか、国内外での個展開催、国際展、グループ展出展多数

 


カテゴリー: information, exhibitions

9月、10月のスケジュール

9/7(金)〜9/23(日)
permanent exhibition
常設展(額装展)
これまでgallery fuで展示、また今後個展を開催予定の美術作家からお預かりしている作品を額装して展示。お気に入りは、そのままお持ち帰り可能な額装展。


9/27(木)9/28(金)9/29(土)
special 3 days
田中彰
公開制作+ワークショップ

木版画を中心に制作する美術家・田中彰による参加型の公開制作。ご来いただいた状況しだいで、どなでも参加可能。田中彰滞在中は彼が焙煎したコーヒー有り。


10/5(金)〜10/21(日)
specialt exhibition
Art Bazzar

いいね、アートな生活。
自分だけのくつろぎの空間に、自分の感性に響くアート作品を置く。なんだかいいよね、アートな生活。アート作品は、癒しであり、エネルギー源であり、そしてなにより、その作家の活躍が嬉しい、まるで上質なサプリメントのような存在だ。gallery fuは、この秋、20名の作家作品を集めて、アートと暮らす幸せを提案します。


10/26(金)〜10/28(日)
group exhibition
生越文明写真講座グループ展

横浜の光と影
6月にスタートした生越文明写真講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」の修了写真展。横浜の歴史と風景を光と影で表現。