Archives

4/18-4/23▷青島綾音|一枚のドローイングから

4月18日(火)~4月23日(日)12:00〜20:00 最終日は18:00まで 入場無料ドローイングと作品は、互いにつながりを持ち、関わりあっている  多摩美術大学美術学部芸術学科4年に在学中の青島綾音の初個展です。本

カテゴリー: exhibitions

4/5-4/16▷ねことペンギンとカフェと|gallery fu 5年目へ

4月5日(水)~4月16日(日)12:00〜20:00 日曜日は18:00まで 月曜日休廊カフェスタイルでの営業のため、ドリンク等のご注文をお願いいたしますgallery fu5年目のスタートは、ギャラリーカフェ・スタイ

カテゴリー: information

3/11-3/26▷齋藤杏奈個展|ノスタルジア2「月と人獣」

3月11日(土)〜3月26日(日)12:00〜20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊 人の心に宿る「故郷」、その原風景を追い求める。   東日本大震災から5年を経た昨年3月にgallery fuで開催し

カテゴリー: exhibitions

2/10-3/5▷特別展|Livingに飾りたい1枚の絵

2月10日(金)〜3月5日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊 くつろぎの空間にお気に入りのアートを!   2017年最初の展覧会は、Livingに飾っていただきたいアート作品を集め

カテゴリー: exhibitions

年末年始休廊のお知らせ

gallery fuは、2017年1月31日(火)まで休廊いたします 誠に勝手ながら、2017年1月31日(火)まで、gallery fuは休廊とさせていただきます。新年は、2月から開廊いたします。どうぞよろしくお願いい

カテゴリー: information

12/13-12/25▷強瀬浄眞展|聖書の中の絵の世界

2016年12月13日(火)~12月25日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 19日(月)、24日(土)休廊 創世記、ヨハネの黙示録、聖母子像に題をとった作品から、ミニアチュールやイコン型の作

カテゴリー: exhibitions

12/7-12/11▷Chikao & Chieko Collaboration|切り絵アート展

12月7日(水)~12月11日(日)12:00~20:00 最終日は18:00まで この作品はChikaoとChiekoの、親子の対話である パフィン(流氷)|2016古代ローマの夢のあと|2015     障

カテゴリー: exhibitions

11/18-11/27▷小林大悟|絵本 せんのりきゅうの世界

11月18日(金)~11月27日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊 小林大悟のユーモアに満ちた感性がつくりだす“りきゅう”の世界観   新進の美術作家・小林大悟が描いた絵本「せんの

カテゴリー: exhibitions

11/1-11/6▷HANAE TANAZAWA Solo Exhibition|BITS AND PIECES …and the Animals

棚澤英恵個展|BITS AND PIECES …and the Animals11月1日(火)〜11月6日(日) 12:00~20:00(初日は13:00から|最終日は18:00まで)入場無料 意図ぜず切り出された折り紙

カテゴリー: exhibitions

10/27-10/30▷横浜国立大学美術教育専攻グループ展|現在地展

10月27日(木)-10月30日(日)12:00~20:00 最終日は18:00まで 五人の個性が光る、五人の現在地。 出展:岡拓海、貴家弥生、佐藤拓海、轟颯馬、牧彩花   横浜国立大学教育人間科学部美術教育専攻の学生に

カテゴリー: exhibitions

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。