Archives

横浜の写真を大募集!

「PHOTO YOKOHAMA 2018」パートナーイベント! 「gallery fuフォトフェス|2018 eyes love Yokohama」に参加しませんか!【news】ただいま追加参加募集中!募集告知フライヤー

カテゴリー: information

12/1-12/24▷特別展|gift

2017年12月1日(金)− 12月24日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 月曜日休廊心に響く「gift」を。「生まれながらの才能」を人は天からの贈り物、「gift」と呼びます。gallery fuは

カテゴリー: information, exhibitions

11/21-11/26▷Kaori Uchiyama|Beyond Thereー見たことのない風景ー

11月21日(火)- 11月26日(日)12:00~20:00 最終日は18:00まで 入場無料想像のプロペラを廻して、空を泳ぎ、呼吸をしながら 自然と人や生き物とのかかわりに焦点を当てるフォトグラファー、Kaori U

カテゴリー: information, exhibitions

11/11-11/19▷写真展|鉄道でめぐる四季

2017年11月11日(土)~11月19日(日)12:00~20:00 日曜日18:00まで 入場無料 月曜休廊鉄道と四季のハーモニー  写真家・神島美明を招待作家に迎えて、山本喜久夫、三橋康弘、大森康生、大内雅史、磯部

カテゴリー: information, exhibitions

10/3-10/15▷石山あゆみ 篠原詩織 |まぶたのうら

10月3日(火)~10月15日(日) 12:00~20:00 (日曜日18:00まで 月曜休廊 入場無料)遠くを思って目をとじる。 2017年春に東京藝術大学大学院(油画)を修了した新進の美術家、石山あゆみと篠原詩織によ

カテゴリー: information, exhibitions

9/19-10/1▷宮川慶子|filtration

9月19日(火)−10月1日(日)12:00~20:00(日曜日~18:00 月曜日休廊)思考の可視化を試みる 立体作品や平面作品に加えて、詩や写真を使ったインスタレーションを表現手法とする新鋭美術家、宮川慶子の展覧会「

カテゴリー: information, exhibitions

9/2-9/16▷田代 聖晃|ブラックホールで死んでみる

2017年9月2日(土)~9月16日(土)12:00~20:00 日曜日と最終日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊人間の存在の境界線を探る  国内外で高評価を得ている新鋭のアートジュエリー作家、田代聖晃の個展「ブラッ

カテゴリー: information, exhibitions

8/4-8/30▷参加型展覧会|糸 70OKU⇆TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)

gallery fuでは、8月全日を夏季休廊とし、企画・制作として本展覧会を2017年8月4日(土)~8月30日(水)まで、JICA横浜3F展示コーナーにて共催いたします。ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場く

カテゴリー: information, exhibitions

7/29,7/30▷デザインワークショップ|アルファベットアニマルをつくろう

デザインの考え方と発想のしかたが学べる棚澤英恵のデザインワークショップ7月29日(土)、7月30日(日)13:00〜15:30 このデザインワークショップでは、折り紙で切り貼り(コラージュ)しながら、動物なんだけどその動

カテゴリー: information, workshop

7/21,7/22▷アニメワークショップ|フシギな生き物のカクカクアニメをつくろう

アニメーションの仕組みと構成が学べる信耕ミミのコマ撮りアニメーションワークショップ7月21日(金)、7月22日(土)13:00〜15:00 紙や身近にあるものを組み合わせて動物をつくり、カクカク動かしてみよう。写真に撮っ

カテゴリー: information, workshop

5月、6月のスケジュール

5/8(火)〜5/20(日)
exhibition
海老塚耕一
錆|sabi
鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる「錆」を用いて、キャンバスや布や板材に描いた平面作品を展示します。


5/25(金)〜6/3(日)
exhibition
生越文明
Seventh heaven ~至福の時~
横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだす。写真家・生越文明の地元横浜での初写真展。


6/5(火)~6/17(日)
exhibition
荒井郁美
ペインティング・パレット
展示するそれぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレット。パレットを描くために使われるパレットを描いた、ある種の常識、あるいは固定概念を気持ちよく覆される展覧会。