Archives

11/18-11/27▷小林大悟|絵本 せんのりきゅうの世界

11月18日(金)~11月27日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊 小林大悟のユーモアに満ちた感性がつくりだす“りきゅう”の世界観   新進の美術作家・小林大悟が描いた絵本「せんの

カテゴリー: exhibitions

11/1-11/6▷HANAE TANAZAWA Solo Exhibition|BITS AND PIECES …and the Animals

棚澤英恵個展|BITS AND PIECES …and the Animals11月1日(火)〜11月6日(日) 12:00~20:00(初日は13:00から|最終日は18:00まで)入場無料 意図ぜず切り出された折り紙

カテゴリー: exhibitions

10/27-10/30▷横浜国立大学美術教育専攻グループ展|現在地展

10月27日(木)-10月30日(日)12:00~20:00 最終日は18:00まで 五人の個性が光る、五人の現在地。 出展:岡拓海、貴家弥生、佐藤拓海、轟颯馬、牧彩花   横浜国立大学教育人間科学部美術教育専攻の学生に

カテゴリー: exhibitions

10/14-10/23▷Studio510写真展|横濱サウダージ

10月14日(金)〜10月23日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 月曜休廊 純粋な日々への懐かしさ、叶わぬ憧れ〜Yokohama Saudade   モノクロ写真を中心に街を切り取るstudio 51

カテゴリー: exhibitions

10/1-10/9▷脇川顕多企画主催展|13と15のあいだ

10月1日(土)〜10月9日(日)12:00~20:00 月曜休廊10月7日(金)と、土日は12:00~18:00まで クルマと横浜。いつもそこに14があった。そして今もあり続けている。 キュレーション:脇川顕多作画協力

カテゴリー: exhibitions

9/6-9/11▷オリビエ・ボノム写真展/Olivier Bonhomme Photo & Art Exhibition|TERRES RARESー希土ー

9月6日(火)~9月11日(日)12:00~20:00 最終日18:00まで 入場無料 その土が創り出す風景には地球の原初の姿が息づいている   フランス南部のピレネー山脈のふもとアリエージュに活動拠点を置き、その美しい

カテゴリー: exhibitions

8/9-8/14▷第2回ダリオ・アルジェント映画ポスター展|INCUBI DI CARTA – PAPER NIGHTMARES 2016

8月9日(火)~8月14日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで/カフェで1ドリンク・オーダー制 もうひとつのアートと賞賛されるダリオ・アルジェントの映画ポスター展 参考写真:2013年8月開催の第1回ポス

カテゴリー: exhibitions

7/22-7/31▷關口佳明展|ーWater work 2016ー

7月22日(金)~7月31日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜休廊 絵具を塗り重ねるのではない、絵具を洗い落とし“水の振る舞い”を作品化する。  『Water work』シリーズは、關口

カテゴリー: exhibitions

7/5-7/10▷鈴木瑞個展|十蛙十色(じゅうカエルといろ)

7月5日(火)~7月10日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 蛙の擬人化作品でさまざまな事象や人間心理を描き出す現代版鳥獣戯画。作品から聞こえてくる会話を想像してみてください。   鈴木瑞は、

カテゴリー: exhibitions

6/1-7/3▷Artist in Residence |大野愛 IOO

滞在制作|6月1日(水)〜6月30日(木)制作公開|6月11日(土)、12日(日)、18日(土/大野愛不在)、19日(日/大野愛不在)、25日(土)、26日(日) 7/1-7/3▷大野愛特別展|大野愛IOO滞在制作F10

カテゴリー: exhibitions

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。