3/1-3/10▷Photo Exhibition|銀の粒に惚れ、ピクセルにときめく

2019年3月1日(金)~ 3月10日(日)
12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊
PHOTO YOKOHAMA2019 PARTNER EVENT

フィルムとデジタルでモノクロ表現は変わるか?


撮影:生越文明|時空のエロス 2018年(フィルム撮影 )

gallery fuでは、横浜市内各所で催される写真と映像の祭典「PHOTO YOKOHAMA2019」のパートナーイベントとして、3月1日(金)~ 3月10日(日)まで、写真展「銀の粒に惚れ、ピクセルにときめく」を開催いたします。1990年代に登場したデジタルカメラは2000年代に入るとその進歩を速め、ついに2005年、フィルムカメラの販売台数を越えます。しかし、写真展に足を運ぶと、フィルムカメラで撮影した作品も少なくはないことを実感します。また、新しい表現媒体としてフィルムカメラを手に取るデジカメ世代の若い写真愛好家も目立ちはじめました。そこで本展覧会では、「デジタルカメラで作品を創るときと、フィルムカメラで作品を創るときとで、その表現が変わるのか?」という疑問を掲げ、同じ撮影者がデジタルカメラとフィルムカメラを使い分けてそれぞれのモノクロ作品を制作、その表現の違いを考察します。8人のフォトグラファーがチャレンジするデジタル写真とフィルム写真の世界に、ぜひ足をお運びください。

写真出展者(50音順、敬称略)
内山香織、大平勝彦、小川淳、生越文明、佐藤信宏、関直美、町田良太、山田洋史