5/25-6/3▷生越文明|Seventh heaven ~至福の時~

5月25日(金)~6月3日(日)
12:00~20:00 日曜日は18:00 最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊
還暦記念パーティー|5月26日(土)18:00から
トークイベント ゲスト:三村漢(アートディレクター)|6月3日(日)15:00から

「光」と「影」のモノクロ・コレクション。

gallery fuでは、5月25日(金)から6月3日(日)まで生越文明写真展「Seventh heaven ~至福の時~」を開催いたします。
難病発症をきっかけに、自動車のエンジン部品設計者からフォトグラファーへと転身した生越文明が、横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだします。
生越文明が生まれ育った横浜での初個展「Seventh heaven ~至福の時~」へ、みなさまぜひお越しください。
作品はすべてオリンパス PEN-Fで撮影。
使用レンズ:M.ZUIKO DEGITAL 25mm F1.8、M.ZUIKO DEGITAL ED 25mm F1.2 Pro

個展によせて
「多発性嚢胞腎」という難病を抱えて、これまでいろいろな治療方法に翻弄され続けてきました。数々の制約のある生活のなかで、ささやかな喜びを見出し「幸せ」を感じる日々。健康なときには、けして感じ得なかった「心の移ろい」を地元、横浜山手を舞台にして表現します。
昨年、発表した写真展「Within 8 hours ~限りあるなかで~」に続くシリーズ第2弾。同じ病気の人のみならず、いろいろな病気で苦しむ人にも見ていただきたい「光」と「影」のモノクロ・コレクション展です。(生越文明)

生越文明/ogoshi fumiaki

1958年 横浜市生まれ
2009年 オリンパスデジタルカレッジで写真を本格的に取り組む
2013年 日本写真学院マスタークラス修了
主な写真展
2014年「めぐりあい」Roonee 247 Photograpy(東京)
2014年「めぐりあい」Artgallry JADDO(熊本)
2016年「Japan/Tokyo, Yokohama 2013-2015“Buildings”」iia gallary(東京)
2017年「Within 8 hours ―限りあるなかでー」オリンパスプラザ東京(東京)
2017年「Within 8 hours ―限りあるなかでー」Space K 代官山(東京)
その他グループ展に多数出展
出版物
2016年「CRP JAPAN TOKYO YOKOHAMA Buildings 2013 -2015」Kindle版
2017年「Pro Cameraman File 2018」カラーズ刊

生越文明 website→ こちら

関連情報
生越文明写真講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」
受講生募集中!
gallery fuでは、写真家・生越文明の写真撮影講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」の受講生を募集します。ぜひご参加ください。
詳細はこちらのページで


カテゴリー: information, exhibitions

7月、8月のスケジュール

7/13(金)〜7/29(日)
exhibition
迷宮の悪夢
美しさに潜む恐怖を暴きだすダーク・ファンタジー。
参加作家|アズミ紗羅、川口絵里衣、齋藤杏奈、空野菜摘子、担木目鱈、田代聖晃、平野太一、牧田恵実、宮川慶子、山口友里、横田宙八、渡邊里絵香


8/3(金)〜8/15(水)
exhibition
ブルースカイ・ホール
美術制作に真摯に取り組む8人の若手美術作家による展覧会。
参加作家|石山あゆみ、佐藤泉、白谷琢磨、田中綾子、藤田卓実、宮林妃奈子、森野大地、山田和樹
※本展覧会は8/6〜8/15まで江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ(岡本喜八脚本)」を応援します。


8/24(金)〜9/1(土)
exhibition
青島綾音
landscape
昨年に続き、青島綾音のgallery fuでの2度目の個展。作品に広がる“窓の向こうの空間”に、それぞれは、どんな風景を思い浮かべるのか。