Archives

11/28▷横浜国立大学工芸ゼミ「手のなかで木のぬくもりを感じよう!」

手にすっぽり収まるにぎにぎサイズの木工体験 大人のワークショップ at gallery fu木のぬくもりを楽しみながらつくる掌を癒す木彫作品をつくりませんか?11月28日(土)14:00~17:00   横浜国立大学工芸

カテゴリー: information, workshop

11/15▷大野愛「日本画体験!日本画の技法でつくるミニ屏風」

大人のワークショップ at gallery fu日本画の奥深い魅力を楽しみながら新年を飾るミニ屏風絵に挑戦しませんか?11月15日(日)11:00~15:00 制作物2点目以降は+2000円(材料費込)   白鳳時代(6

カテゴリー: information, workshop

11/13▷マツオエリカ「可愛い鈴のついたリングづくりワークショップ」

大人のワークショップ at gallery fu自分だけのオリジナルリングでいつもと違うクリスマスシーズンを楽しみませんか?11月13日(金)14:00~15:30 ※制作する指輪はおひとり1点です。   マツオエリカ写

カテゴリー: information, workshop

11/6, 11/7▷田中記代子「デコパージュでつくるクリスマスツリー」

大人のワークショップ at gallery fu大人のセンスがキラリと光るデコパージュ・ツリーを飾りませんか?11月6日(金)、7日(土)11:00~15:00   海外のペーパーナプキンに描かれたイラストやマークを切っ

カテゴリー: information, workshop

10/31▷KAIE個展イベント「ガイコツ祭りドリームキャッチャーワークショップ」

夢を変える力を持つドリームキャッチャーをつくろう10月31日(土)13:00~15:00 10月24日(土)から始まるKAIEの個展「小さな聖地」(10月31日まで開催)を記念して、KAIEと一緒にドリームキャッチャーを

カテゴリー: information, workshop

10/10▷シムラヒデミ・ワークショップ「おもしろ星人をつくろう」

KIDS’ WORKSHOP at gallery fu 身近にある材料をもとにイメージを膨らませユニークな宇宙人をつくってみよう!10月10日(日)14:00~15:30   シムラヒデミの個展「SILENT INVA

カテゴリー: information, workshop

9/25, 9/26▷「いしもの博士の標本づくり」

KIDS’ WORKSHOP at gallery fu ゴツゴツした石やつるつるした石。どれもちがった色や形をしているね。そんな石を組み合わせて新種の生き物を生みだそう!石からうまれる生き物(いしもの)を標本にして「い

カテゴリー: information, workshop

8/22▷「ヘンテコリンな音楽をつくっちゃおう!!」

まだ間に合う! 夏休み自由研究お助け企画第2弾!大人も童心にかえれる、ヘンテコリンな音を楽しむKIDS’ WORKSHOP8月22日(土)13:00~17:00(12:50受付) 自分だけの音楽をつくるサウンドモンタージ

カテゴリー: workshop

8/8, 8/9▷「砂浜からの贈りもの」

夏休み自由研究お助け企画第1弾!大人も童心にかえれる、環境を考えるKIDS’ WORKSHOP 8月8日(土)、9日(日)13:00〜17:00/各日共受付時間(1)13:00(2)14:30(3)16:00

カテゴリー: workshop

5/2-5/10▷らくがキッズ・レジェンド「七色の街をつくろう!」

5月2日(土)— 5月10(日)13:00~16:00(おとなは20:00まで_最終日は16:00) 5月のgyallry fuは子どもたちのラクガキ解放区になる!   「らくがキッズギャラリー_2013年6月」、「らく

カテゴリー: workshop

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。