Archives

4/29-5/1▷親子ワークショップ |私の宝箱 親子で宝箱入り名刺をつくろう

特別展「mother(5/3-5/15)」関連イベント親子でママの宝箱をつくりましょう。4月29日(金)、4月30日(土)、5月1日(日)各日14:00~16:00   5月3日(火)から15日(日)まで開催する、母とし

カテゴリー: information, workshop

3/23-3/27▷創造型ワークショップ|鏡の国・ワンダーランド

gallery fuを誰も見たことのない鏡のワンダーランドにしちゃおう!3月23日(水)~3月27日(日)10:00~17:00 鏡に映っているのは本当の自分の姿なのだろうか?鏡の向こうにはもうひとつの世界が広がっている

カテゴリー: information, workshop

11/28▷横浜国立大学工芸ゼミ「手のなかで木のぬくもりを感じよう!」

手にすっぽり収まるにぎにぎサイズの木工体験 大人のワークショップ at gallery fu木のぬくもりを楽しみながらつくる掌を癒す木彫作品をつくりませんか?11月28日(土)14:00~17:00   横浜国立大学工芸

カテゴリー: information, workshop

11/15▷大野愛「日本画体験!日本画の技法でつくるミニ屏風」

大人のワークショップ at gallery fu日本画の奥深い魅力を楽しみながら新年を飾るミニ屏風絵に挑戦しませんか?11月15日(日)11:00~15:00 制作物2点目以降は+2000円(材料費込)   白鳳時代(6

カテゴリー: information, workshop

11/13▷マツオエリカ「可愛い鈴のついたリングづくりワークショップ」

大人のワークショップ at gallery fu自分だけのオリジナルリングでいつもと違うクリスマスシーズンを楽しみませんか?11月13日(金)14:00~15:30 ※制作する指輪はおひとり1点です。   マツオエリカ写

カテゴリー: information, workshop

11/6, 11/7▷田中記代子「デコパージュでつくるクリスマスツリー」

大人のワークショップ at gallery fu大人のセンスがキラリと光るデコパージュ・ツリーを飾りませんか?11月6日(金)、7日(土)11:00~15:00   海外のペーパーナプキンに描かれたイラストやマークを切っ

カテゴリー: information, workshop

10/31▷KAIE個展イベント「ガイコツ祭りドリームキャッチャーワークショップ」

夢を変える力を持つドリームキャッチャーをつくろう10月31日(土)13:00~15:00 10月24日(土)から始まるKAIEの個展「小さな聖地」(10月31日まで開催)を記念して、KAIEと一緒にドリームキャッチャーを

カテゴリー: information, workshop

10/10▷シムラヒデミ・ワークショップ「おもしろ星人をつくろう」

KIDS’ WORKSHOP at gallery fu 身近にある材料をもとにイメージを膨らませユニークな宇宙人をつくってみよう!10月10日(日)14:00~15:30   シムラヒデミの個展「SILENT INVA

カテゴリー: information, workshop

9/25, 9/26▷「いしもの博士の標本づくり」

KIDS’ WORKSHOP at gallery fu ゴツゴツした石やつるつるした石。どれもちがった色や形をしているね。そんな石を組み合わせて新種の生き物を生みだそう!石からうまれる生き物(いしもの)を標本にして「い

カテゴリー: information, workshop

8/22▷「ヘンテコリンな音楽をつくっちゃおう!!」

まだ間に合う! 夏休み自由研究お助け企画第2弾!大人も童心にかえれる、ヘンテコリンな音を楽しむKIDS’ WORKSHOP8月22日(土)13:00~17:00(12:50受付) 自分だけの音楽をつくるサウンドモンタージ

カテゴリー: workshop

5月、6月のスケジュール

5/8(火)〜5/20(日)
exhibition
海老塚耕一
錆|sabi
鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる「錆」を用いて、キャンバスや布や板材に描いた平面作品を展示します。


5/25(金)〜6/3(日)
exhibition
生越文明
Seventh heaven ~至福の時~
横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだす。写真家・生越文明の地元横浜での初写真展。


6/5(火)~6/17(日)
exhibition
荒井郁美
ペインティング・パレット
展示するそれぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレット。パレットを描くために使われるパレットを描いた、ある種の常識、あるいは固定概念を気持ちよく覆される展覧会。