8/6, 8/7 ▷陶芸体験|粘土とガラスのプレートをつくろう!

夏のワークショップフェスティバル at gallery fu
粘土とガラスを焼いたら、
キラキラプレートの出来上がり。
8月6日(土)14:00~16:00
8月7日(日)10:00〜12:00/14:00~16:00

togei
  夏のワークショップフェスティバル at gallery fuの第2弾は、陶芸用の粘土をのして切って、砕いたガラスをのせて、オリジナルのキラキラプレートをデザイン。お預かりした作品を講師を務める横浜国立大学教育人間学部0Gたちが数週間の乾燥と焼成を担当、およそ1か月後にお届けします。オリジナル陶板、コースター、小物台など、ずっと愛用できる作品をつくりませんか?

講 師:末木愛、佐藤愛子/横浜国立大学人間教育学部OG
日 時:8月6日(土)14:00~16:00
8月7日(日)10:00~12:00/14:00~16:00
定 員:各回10名
対 象:小学生以上~大人(小学生は保護者同伴)
参加費: 2000円(材料費、焼成代込み)
申込締切:7月31日(日)(すべて満席となり申し込みは締め切らせていただきました)

申込方法:ワークショップ名「粘土とガラスのプレートをつくろう!」とご希望の日時を明記、お名前(参加者が小学生の場合は、参加者のお名前と年齢、および保護者のお名前を併記してください。複数名での参加をご希望のかたは、参加人数と参加者全員のお名前と年齢をご記入ください)、住所、電話番号、メールアドレスを記載のうえ、メール gcfu.ws@gmail.com にてお申込みください。
問合わせ:070-6429-8597(火~日 12:00~18:00)

当日は汚れてもいい服装でお越しいただくか、エプロンなどをご持参ください。
定員に達し次第、募集は終了とさせていただきます。あらかじめご了承ください。


カテゴリー: information, workshop

5月、6月のスケジュール

5/8(火)〜5/20(日)
exhibition
海老塚耕一
錆|sabi
鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる「錆」を用いて、キャンバスや布や板材に描いた平面作品を展示します。


5/25(金)〜6/3(日)
exhibition
生越文明
Seventh heaven ~至福の時~
横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだす。写真家・生越文明の地元横浜での初写真展。


6/5(火)~6/17(日)
exhibition
荒井郁美
ペインティング・パレット
展示するそれぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレット。パレットを描くために使われるパレットを描いた、ある種の常識、あるいは固定概念を気持ちよく覆される展覧会。