8/3-8/15▷特別展|ブルースカイ・ホール

2018年8月3日(金)〜8月15日(水)
12:00〜20:00 日曜日は18:00、最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊

懸命に、真摯に向き合うということ。

gallery fuでは2018年の夏、美術に真っ直ぐ向き合う8人の若手美術作家をご紹介いたします。
いま美術大学で学びながら、また卒業後もなおも、さらなる高みを目指し作品制作に懸命に取り組んでいる8人の作家の現在地をぜひご覧ください。

参加作家
石山あゆみ・東京藝大院油画修了
佐藤泉・武蔵野美大日本画卒
白谷琢磨・東京藝大彫刻4年在籍
田中綾子・東京藝大彫刻4年在籍
藤田卓実・多摩美大油画3年在籍
宮林妃奈子・多摩美大油画2年在籍
森野大地・武蔵野美大院修士課程油絵在籍
山田和樹・東京藝大油画3年在籍

なお、本展覧会は、2018年8月6日(月)~8月15日(水)まで東京・江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ」(岡本喜八脚本、黒川礼人演出)にエールをおくるものです。
物語の舞台は太平洋戦争終戦直前の1945年8月、特攻隊の教官である日米ハーフのパイロット・ビリー(24歳)、特攻兵の妹エミ(18歳)を中心に、戦争に翻弄される青春のそれぞれが懸命に生きる姿を描いた作品。
73年前の青春群像を東京・江古田で若手俳優が演じる舞台、その舞台へ声援をおくりながら横浜・石川町で開催する若手美術家の作品展。東京・江古田と横浜・石川町で、「懸命に、真摯に向き合う」青春の夏に、みなさま、ぜひ足をお運びください。

演劇「青い眼の赤トンボ」情報は下記まで
劇団一の会website → http://gekidan-ichinokai.com/
劇団一の会8/6~青い眼の赤トンボtwitter → https://twitter.com/ichinokai_g


カテゴリー: information, exhibitions

7月、8月のスケジュール

7/13(金)〜7/29(日)
exhibition
迷宮の悪夢
美しさに潜む恐怖を暴きだすダーク・ファンタジー。
参加作家|アズミ紗羅、川口絵里衣、齋藤杏奈、空野菜摘子、担木目鱈、田代聖晃、平野太一、牧田恵実、宮川慶子、山口友里、横田宙八、渡邊里絵香


8/3(金)〜8/15(水)
exhibition
ブルースカイ・ホール
美術制作に真摯に取り組む8人の若手美術作家による展覧会。
参加作家|石山あゆみ、佐藤泉、白谷琢磨、田中綾子、藤田卓実、宮林妃奈子、森野大地、山田和樹
※本展覧会は8/6〜8/15まで江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ(岡本喜八脚本)」を応援します。


8/24(金)〜9/1(土)
exhibition
青島綾音
landscape
昨年に続き、青島綾音のgallery fuでの2度目の個展。作品に広がる“窓の向こうの空間”に、それぞれは、どんな風景を思い浮かべるのか。