8/3-8/15▷特別展|ブルースカイ・ホール

2018年8月3日(金)〜8月15日(水)
12:00〜20:00 日曜日は18:00、最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊

懸命に、真摯に向き合うということ。

gallery fuでは2018年の夏、美術に真っ直ぐ向き合う8人の若手美術作家をご紹介いたします。
いま美術大学で学びながら、また卒業後もなおも、さらなる高みを目指し作品制作に懸命に取り組んでいる8人の作家の現在地をぜひご覧ください。

参加作家
石山あゆみ・東京藝大院油画修了
佐藤泉・武蔵野美大日本画卒
白谷琢磨・東京藝大彫刻4年在籍
田中綾子・東京藝大彫刻4年在籍
藤田卓実・多摩美大油画3年在籍
宮林妃奈子・多摩美大油画2年在籍
森野大地・武蔵野美大院修士課程油絵在籍
山田和樹・東京藝大油画3年在籍

なお、本展覧会は、2018年8月6日(月)~8月15日(水)まで東京・江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ」(岡本喜八脚本、黒川礼人演出)にエールをおくるものです。
物語の舞台は太平洋戦争終戦直前の1945年8月、特攻隊の教官である日米ハーフのパイロット・ビリー(24歳)、特攻兵の妹エミ(18歳)を中心に、戦争に翻弄される青春のそれぞれが懸命に生きる姿を描いた作品。
73年前の青春群像を東京・江古田で若手俳優が演じる舞台、その舞台へ声援をおくりながら横浜・石川町で開催する若手美術家の作品展。東京・江古田と横浜・石川町で、「懸命に、真摯に向き合う」青春の夏に、みなさま、ぜひ足をお運びください。

演劇「青い眼の赤トンボ」情報は下記まで
劇団一の会website → http://gekidan-ichinokai.com/
劇団一の会8/6~青い眼の赤トンボtwitter → https://twitter.com/ichinokai_g


カテゴリー: information, exhibitions

9月、10月のスケジュール

9/7(金)〜9/23(日)
permanent exhibition
常設展(額装展)
これまでgallery fuで展示、また今後個展を開催予定の美術作家からお預かりしている作品を額装して展示。お気に入りは、そのままお持ち帰り可能な額装展。


9/27(木)9/28(金)9/29(土)
special 3 days
田中彰
公開制作+ワークショップ

木版画を中心に制作する美術家・田中彰による参加型の公開制作。ご来いただいた状況しだいで、どなでも参加可能。田中彰滞在中は彼が焙煎したコーヒー有り。


10/5(金)〜10/21(日)
specialt exhibition
Art Bazzar

いいね、アートな生活。
自分だけのくつろぎの空間に、自分の感性に響くアート作品を置く。なんだかいいよね、アートな生活。アート作品は、癒しであり、エネルギー源であり、そしてなにより、その作家の活躍が嬉しい、まるで上質なサプリメントのような存在だ。gallery fuは、この秋、20名の作家作品を集めて、アートと暮らす幸せを提案します。


10/26(金)〜10/28(日)
group exhibition
生越文明写真講座グループ展

横浜の光と影
6月にスタートした生越文明写真講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」の修了写真展。横浜の歴史と風景を光と影で表現。