8/3-8/15▷特別展|ブルースカイ・ホール

2018年8月3日(金)〜8月15日(水)
12:00〜20:00 日曜日は18:00、最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊

懸命に、真摯に向き合うということ。

gallery fuでは2018年の夏、美術に真っ直ぐ向き合う8人の若手美術作家をご紹介いたします。
いま美術大学で学びながら、また卒業後もなおも、さらなる高みを目指し作品制作に懸命に取り組んでいる8人の作家の現在地をぜひご覧ください。

参加作家
石山あゆみ・東京藝大院油画修了
佐藤泉・武蔵野美大日本画卒
白谷琢磨・東京藝大彫刻4年在籍
田中綾子・東京藝大彫刻4年在籍
藤田卓実・多摩美大油画3年在籍
宮林妃奈子・多摩美大油画2年在籍
森野大地・武蔵野美大院修士課程油絵在籍
山田和樹・東京藝大油画3年在籍

なお、本展覧会は、2018年8月6日(月)~8月15日(水)まで東京・江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ」(岡本喜八脚本、黒川礼人演出)にエールをおくるものです。
物語の舞台は太平洋戦争終戦直前の1945年8月、特攻隊の教官である日米ハーフのパイロット・ビリー(24歳)、特攻兵の妹エミ(18歳)を中心に、戦争に翻弄される青春のそれぞれが懸命に生きる姿を描いた作品。
73年前の青春群像を東京・江古田で若手俳優が演じる舞台、その舞台へ声援をおくりながら横浜・石川町で開催する若手美術家の作品展。東京・江古田と横浜・石川町で、「懸命に、真摯に向き合う」青春の夏に、みなさま、ぜひ足をお運びください。

演劇「青い眼の赤トンボ」情報は下記まで
劇団一の会website → http://gekidan-ichinokai.com/
劇団一の会8/6~青い眼の赤トンボtwitter → https://twitter.com/ichinokai_g


カテゴリー: information, exhibitions

11月のスケジュール

 11/6(火)~11/11(日)
exhibition+rakugo
立川志の八真打昇進1周年記念“展”

RAKUGO fu×8 ここからがスタートだ。
gallery fu昨年11月に真打昇進を果たした立川志の八の真打までの軌跡を写真、映像などで振り返る展示と、そして、笑いと感動の落語会を開催。落語会|11月8日(木)夜の部:開場18:30 開演19:00/11月10日(土)昼の部:開場13:30 開演14:00 夜の部:開場18:30 開演19:00(完全予約制)


11/16(金)〜11/18(日)
exhibition+live
写真展とクラシックギターライブ
写真:西岡さと子 演奏:秋山智美

十一月の音
広島で撮影した写真の展示とクラシックギターのライブを開催(入場無料)。写真は過去の瞬間を閉じ込めたもの、音楽は瞬間的に過去になる時間の流れで作られるもの。そのふたつの融合をお楽しみください。ライブ演奏 13:30、15:00,、17:30 (最終日18日は13:30、15:00)


11/22(金)〜11/25(日)
exhibition
モザイク・イコン・カリグラフィー三人展
原里枝|山下リナ|寺田言子

-忘れられた記憶をたどる-
石やガラスやタイルなどの小片を並べて貼り、絵や模様を表すモザイクと、キリスト・マリア・聖者の像や聖伝の場面を描くイコン、独特のタッチで手書きの文字を美しく表現するカリグラフィーを展示。ワークショップ「モザイクで作るピチフレーム」同時開催|11月24日(土)14:00~ 参加費500円(材料がなくなり次第終了)