7/21,7/22▷アニメワークショップ|フシギな生き物のカクカクアニメをつくろう

アニメーションの仕組みと構成が学べる
信耕ミミのコマ撮りアニメーションワークショップ
7月21日(金)、7月22日(土)13:00〜15:00

 紙や身近にあるものを組み合わせて動物をつくり、カクカク動かしてみよう。写真に撮って繋げてみると生きているように見えるよ。 少しずつ動かして別の生き物に変身させたり、どこかに飛んでいかせたり。
 手で動かしながら無限にアイデアを広げよう。 iPad での簡単なアプリを使用し、1枚1枚写真をとって、それを順番につなぎあわせてコマ撮りアニメをつくり、アニメーションの仕組みと、自由な発想力、ストーリーの構成力を養います。 出来上がった作品は、Youtube にアップするとともに、後日各自にデータでお渡しいたします。

講 師:信耕ミミ(アニメーション作家)
日 時:7月21日(金)、7月22日(土)13:00〜15:00
会 場:gallery fu 神奈川県横浜市中区石川町1-31-9
対 象:小学生〜大人(小学生以下は保護者とご来場ください)
定 員:各日8名
参加費:2,000円(材料費込み)

ワークショップ参加申込方法
ワークショップ名、希望日時、お名前(お子さまの場合は保護者氏名とお子さまのお名前/年齢)、住所、電話番号、メールアドレスを記載の上、gcfu.ws@gmail.com  までお申込みください。
※定員に達し次第、募集は終了とさせていただきます。お早めにお申し込みください。

問合せ:070-6429-8597 (火曜日から日曜日 13時〜18時/鈴木)

信耕ミミ/Shinkou Mimi(アニメーション作家)
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業
ポストプロダクションに入社後、自分で映像を撮り始める。その後、web デザイン会社で働きながらイメージフォーラム映像付属映像研究所アニメーションコースで一年間学び、アニメーションや PV等を制作し始める。粘土や樹脂で作った人形を置き換えてアニメーションにする手法(ストップモーション)や切り絵などが主な方法。国内外を問わず、特に子供が面白がるような作品を目指している。
主な活動
2006年「イメージフォーラム付属映像研究所2006年度卒業制作展」上映
2007年「ひめじ国際短編映画祭2007」参加・上映
2012年「ASK? 映像祭 2012」入選|久里洋二セレクション新人賞受賞
2012年「動夢vol.2」参加・上映
2013年「第二回田村映画祭」参加・上映
2014年「道後オンセナート」参加・ワークショップ
2016年「信耕ミミとアジアの仲間たちによるアニメーション作品展」上映とワークショップ
ほか、ドイツ、クロアチア、ブルガリアなどの映画祭にて作品上映
blog→信耕ミミのすっとこアニメーション日和


カテゴリー: information, workshop

7月、8月のスケジュール

7/13(金)〜7/29(日)
exhibition
迷宮の悪夢
美しさに潜む恐怖を暴きだすダーク・ファンタジー。
参加作家|アズミ紗羅、川口絵里衣、齋藤杏奈、空野菜摘子、担木目鱈、田代聖晃、平野太一、牧田恵実、宮川慶子、山口友里、横田宙八、渡邊里絵香


8/3(金)〜8/15(水)
exhibition
ブルースカイ・ホール
美術制作に真摯に取り組む8人の若手美術作家による展覧会。
※本展覧会は8/6〜8/15まで江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ(岡本喜八脚本)」を応援します。
参加作家|石山あゆみ、佐藤泉、白谷琢磨、田中綾子、藤田卓実、宮林妃奈子、森野大地、山田和樹


8/24(金)〜9/1(土)
exhibition
青島綾音
landscape
昨年に続き、青島綾音のgallery fuでの2度目の個展。作品に広がる“窓の向こうの空間”に、それぞれは、どんな風景を思い浮かべるのか。