6/10, 6/11▷造形ワークショップ|アルミの森

アルミホイルをつかって
見たこともない世界「アルミの森」をつくろう
6月10日(土)10:00〜12:00、12:30〜14:30、15:00〜17:00
6月11日(日)10:00~12:00、12:30~14:30、15:00~17:00


参考写真(下2点)|2016年「鏡の国ワンダーランド」より

 生活のさまざまな場面で活躍するアルミホイル。「折る」「丸める」「固める」「包む」「剥がす」・・・など、いつもとは違った使い方で見たこともない世界「アルミの森」をみんなでつくりましょう。

考えて、決めて、やってみる
「アルミの森」をつくるために正しい方法、正解はありません。ひとりひとりが「どうやったらおもしろいか」「どうやったら美しいか」と思いをめぐらせ、試行を繰り返します。頭で考えて、手で考えて、重いついたことをやってみる。正解がないからこそ、自らの感性を頼りに自分の中の正解を探っていくことができます。
 また、同じ空間の中で1人ひとりが自分の中の正解を探っていくからこそ、自然に参加者どうしが影響しあい、時にはぶつかったり、また時には共感しあったりしながら制作が進みます。
1人ひとりが試行錯誤し、その上で他者と影響しあいながらつくった空間には、自分1人だけでは決して表すことのできない美しさがあるはずです。このワークショップの最後には参加していただいた皆さんの個性が輝き、それでいて調和のとれた空間を鑑賞し、一緒に感動を味わいましょう。(企画制作・指導:轟颯馬)

ワークショップ概要
開催日:6月10日(土)、6月11日(日)
時 間:両日共3部制(1回目)10:00~12:00(2回目)12:30~14:30(3回目)15:00~17:00
対 象:3歳以上(12歳以下は保護者も参加してください)
定 員:各回8名
参加費:1000円(1名・材料費込み)※親子で参加の場合はそれぞれを1名とします
指 導:轟颯馬
企画制作:轟颯馬、gallery fu
協 賛:東洋アルミニウム株式会社、株式会社UACJ、一般社団法人日本アルミニウム協会

参加申込み方法
メールまたはお電話で次の事項をお知らせください。
メールでのお申込み
件名に「アルミの森参加希望」とお書きのうえ、本文に「お名前、参加希望日時、連絡先電話番号、参加人数」をご記入し、下記メールアドレスまでご連絡ください。確認後、ご予約完了メールをご返送いたします。
ご予約E-mail:gcfu.ws@gmail.com 
お電話でのお申込み
下記電話番号までお電話ください。
070-6429-8597(担当:鈴木)受付時間 12:00〜18:00(月曜休)

申込み締切:各回共、定員になり次第、募集は終了とさせていただきます。
なお、当日は特にお持ちいただくものはありません。
動きやすい服装でお越しください。

轟颯馬/todoroki souma

横浜国立大学大学院 教育学研究科教育実践専攻教育デザインコース美術領域修士課程1年在学
横浜国立大学学部生時代に造形ワークショップ経験を積み、昨年3月にはgallery fuと共同企画した「鏡の国ワンダーランド」を開催。専門は工芸で、主に木を素材とした立体作品の制作に取り組んでいる。


カテゴリー: information, workshop

7月、8月のスケジュール

7/13(金)〜7/29(日)
exhibition
迷宮の悪夢
美しさに潜む恐怖を暴きだすダーク・ファンタジー。
参加作家|アズミ紗羅、川口絵里衣、齋藤杏奈、空野菜摘子、担木目鱈、田代聖晃、平野太一、牧田恵実、宮川慶子、山口友里、横田宙八、渡邊里絵香


8/3(金)〜8/15(水)
exhibition
ブルースカイ・ホール
美術制作に真摯に取り組む8人の若手美術作家による展覧会。
参加作家|石山あゆみ、佐藤泉、白谷琢磨、田中綾子、藤田卓実、宮林妃奈子、森野大地、山田和樹
※本展覧会は8/6〜8/15まで江古田ワンズスタジオで上演される演劇「青い眼の赤トンボ(岡本喜八脚本)」を応援します。


8/24(金)〜9/1(土)
exhibition
青島綾音
landscape
昨年に続き、青島綾音のgallery fuでの2度目の個展。作品に広がる“窓の向こうの空間”に、それぞれは、どんな風景を思い浮かべるのか。