6/14, 6/15▷立川志の八|~芸術と芸能の間で・・・~ RAKUGO fu×8

横浜元町石川町のgallrey fuで2日間。
立川志の八、昼と夜の2回、計4公演、全8演目。
魅せます、利かせます、ハナシます!

6月14日(水)、6月15日(木)
昼の部:開場 13:30開演14:00|夜の部:開場 18:30開演19:00

「アートギャラリーで落語をやります」というと、たいていは「え? アートギャラリーで落語ぉ?」「なんでぇ……」という反応ですが、じつは、美術と落語、なかなかの共通点があったりするんです。
 ひとつは、どちらも見たまま直感的に楽しめます。なおかつ、観衆、鑑賞者の想像力に、びびびっと刺激を与 えてくれます。さらに、どちらも、時代を包み込んで時代を超えて楽しませてくれます。
 そして、なにより、美術と落語、なんど見ても聞いても飽きない! これで決まりですね。
 さあ、「立川志の八×gallery fu〜芸術と芸能の狭間で〜RAKUGO fu×8」梅雨時のゆーつな気分を、ギャラリー落語で晴らしてみせましょう!  みなさま、ぜひ、お集りを!!
 gallery fu代表:鈴木智惠

立川志の八/たてかわ・しのはち

1974年5月24日、神奈川県横浜市生まれ。
2000年5月 落語立川流、立川志の輔に入門
2009年2月 二ツ目昇進
2011年3月 第10回さがみはら若手落語家選手権 優勝
2012年9月 前橋 第四回若手落語家選手権 優勝
現在、真打昇進を間近に控える。
東京・下北沢、地元・横浜に定例落語会を開催中。
NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のコーナー「花鹿亭(はなしかてい)」に出演中。

立川志の八ウェブサイト|http://www.shinohachi.com/

チケットのご予約案内
日 時:6月14日[水]、6月15日[木]
昼の部:開場 13:30開演14:00|夜の部:開場 18:30開演19:00(各日共通)
会 場:gallery fu
定 員:各回20席限定(予約先着順、定員になり次第締め切り)
料 金:2000円
ご予約は、gallery fuにてメールまたは電話で承ります。
メールでのご予約|タイトルに「志の八落語予約」とお書きのうえ、本文に[お名前・住所・電話番号・希望公演日時・枚数]をご記入し、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。確認後、ご予約完了メールをご返信いたします。
ご予約E-mail: gcfu.ws@gmail.com 
お電話でのご予約|下記番号までお電話ください。
070-6429-8597 (gallery fu鈴木) 
受付時間13:00-18:00 月曜休
※事前申し込み、当日支払い制です。開演15分前までにお越しください。
定員になり次第締め切らせていただきます。(キャンセルの場合はキャンセル料がかかります。)あらかじめご了承ください。

 


カテゴリー: information

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。