Archives

生越文明写真講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」

受講生募集中!gallery fuでは、写真家・生越文明の写真撮影講座「背景力アップ|モノクロ・ワークショップ」の受講生を募集します。ぜひご参加ください。2018年6月30日(土)から9月15日(土)まで各回土曜日全6回

カテゴリー: information, workshop

5/25-6/3▷生越文明|Seventh heaven ~至福の時~

5月25日(金)~6月3日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00 最終日は17:00まで 入場無料 月曜日休廊還暦記念パーティー|5月26日(土)18:00からトークイベント ゲスト:三村漢(アートディレクター

カテゴリー: information, exhibitions

5/8-5/20▷海老塚耕一|錆[sabi]

5月8日(火)~5月20日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊レセプションパーティー:5月8日(火)18:00~錆で描く。gallery fuでは2018年5月8日(火)から5月20

カテゴリー: information, exhibitions

4/24-5/6▷シムラヒデミ|Parallel World

4月24日(火)~5月6日(日)12:00~20:00日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊はたして、自分の目の前に現われている現実世界とは。2000年以上の歴史を持ち中国の刺繍工芸のなかで最も古くから発達した蘇州

カテゴリー: information, exhibitions

4/5▷立川志の八returns|RAKUGO fu×8

4月5日(木)完全予約制昼の部:開場 13:30開演14:00夜の部:開場 18:30開演19:00祝・立川志の八真打昇進♡ついでに、祝・gallery fu 5周年♡記念高座!昨年6月に開催した「芸術と芸能の間で・・・

カテゴリー: information

3/20-4/1▷Miho Yamazaki|a letter to

3月20日(火)~4月1日(日)12:00~20:00 日曜日と最終日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊あの場所と、あなたと私と私たち。本展覧会は、MihoYamazaki自身が東日本大震災後の東北を歩き、自身の日常

カテゴリー: information, exhibitions

3/6-3/18▷齋藤杏奈個展2018|ノスタルジアvol.3

3月6日(火)~3月18日(日)12:00~20:00日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊望郷の念「ノスタルジア」をテーマとした個展、第3弾。gallery fuでは、3年連続3回目となる齊藤杏奈の展覧会「ノスタ

カテゴリー: information, exhibitions

1/26-3/4▷gallery fuフォトフェス2018|eyes love Yokohama

1月26日(金)~2月4日(日)Part 1|eyes love Yokohama style2月9日(金)~2月18日(日)Part 2|Cat’s eyes love Yokohama2月23日(金)~3月4日(日)

カテゴリー: information, exhibitions

2018.1/7▷小林大悟の1日限りの特別展|一富士二鷹せんのりきゅう!?

絵本を読み解くワークショップ開催!2018年1月7日(日)13:00~15:00 16:00~18:00美術家であり絵本作家でもありアート・コミュニケータとしても活動する小林大悟が、自作の絵本「せんのりきゅう」を使って「

カテゴリー: information, workshop

横浜の写真を大募集!

「PHOTO YOKOHAMA 2018」パートナーイベント! 「gallery fuフォトフェス|2018 eyes love Yokohama」に参加しませんか!【news】ただいま追加参加募集中!募集告知フライヤー

カテゴリー: information

5月、6月のスケジュール

5/8(火)〜5/20(日)
exhibition
海老塚耕一
錆|sabi
鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる「錆」を用いて、キャンバスや布や板材に描いた平面作品を展示します。


5/25(金)〜6/3(日)
exhibition
生越文明
Seventh heaven ~至福の時~
横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだす。写真家・生越文明の地元横浜での初写真展。


6/5(火)~6/17(日)
exhibition
荒井郁美
ペインティング・パレット
展示するそれぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレット。パレットを描くために使われるパレットを描いた、ある種の常識、あるいは固定概念を気持ちよく覆される展覧会。