10/3-10/15▷石山あゆみ 篠原詩織 |まぶたのうら

10月3日(火)~10月15日(日)
12:00~20:00 (日曜日18:00まで 月曜休廊 入場無料)

遠くを思って目をとじる。

 2017年春に東京藝術大学大学院(油画)を修了した新進の美術家、石山あゆみと篠原詩織による展覧会「まぶたのうら」を開催します。
 日常のなかで出会うデザインやキャラクターなどのイメージを絵画の世界に静かに閉じ込め、そのなかで生命を与えることを試みる石山あゆみ、また、日常の何気ない風景を独自の視点で捉え直しうつしだす篠原詩織のインスタレーション。目に映った実像と、目を閉じたなかに残る残像、あるいはイメージ、そのどちらも愛おしいというふたりの、そこから生みだされる作品にひかりをあてます。

展覧会によせて|statement
遠くを思って目をとじる。
目をひらいているときのかたちと目をとじているときのかたちはちがって、でもどちらもとても愛おしい。
作品をつくるということはこの世にかたちをつくること。
そのために、開いていた目をとじたり、閉じていた目をあけたりする。
(石山あゆみ 篠原詩織)

石山あゆみ|ishikawa ayumi

花と天使のようなもの|2017
1991年 福島生まれ
2015年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室修了
現在 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室研究生
主な活動
2013年「DISCOVERY2013」KEY GALLERY(東京)
2013年「油画専攻・3年全グループ選抜展」多摩美術大学(東京)
2013年「先っちょ展」DESIGN FESTA GALLERY(東京)
2013年「0.5秒前の地層」多摩美術大学(東京)
2015年「TARGET」府中市美術館(東京)
2015年「2014年度多摩美術大学 美術学部卒業制作展」多摩美術大学八王子キャンパス(東京)
2015年「平成26年度第38回東京五美術大学連合卒業制作展」国立新美術館(東京)
2017年「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展|小さい天使」東京藝術大学(東京)
2017年「アートフェア|神戸アートマルシェ2017」
website→ https://ayumiishi.jimdo.com/

篠原詩織|shinohara shiori

さかな/だれか|板に油絵の具
1991年 群馬県生まれ
2015年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画第四研究室修了
主な活動
2014年「東京藝術大学油画研究専攻3年学年展示|Ping Pong!」神田 Arts Chiyoda 3331(東京)
2015年「第63回東京藝術大学卒業・修了作品展」東京都美術館(東京)
2017年「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展」東京藝術大学(東京)
website→ http://shiori-shinohara.tumblr.com/


カテゴリー: information, exhibitions

5月、6月のスケジュール

5/8(火)〜5/20(日)
exhibition
海老塚耕一
錆|sabi
鉄が自然の状態(安定した状態)へと還ろうとする過程で生じる「錆」を用いて、キャンバスや布や板材に描いた平面作品を展示します。


5/25(金)〜6/3(日)
exhibition
生越文明
Seventh heaven ~至福の時~
横浜の歴史を刻む山手地区を被写体としたモノクロ写真で「人生の光と影」を描きだす。写真家・生越文明の地元横浜での初写真展。


6/5(火)~6/17(日)
exhibition
荒井郁美
ペインティング・パレット
展示するそれぞれの絵のモチーフとなっているのは、まさにその絵を描く際に使った画材道具としてのパレット。パレットを描くために使われるパレットを描いた、ある種の常識、あるいは固定概念を気持ちよく覆される展覧会。