9/19-10/1▷宮川慶子|filtration

9月19日(火)−10月1日(日)
12:00~20:00(日曜日~18:00 月曜日休廊)

思考の可視化を試みる

 立体作品や平面作品に加えて、詩や写真を使ったインスタレーションを表現手法とする新進の美術家、宮川慶子の展覧会「filtration」を開催します。一見、弱さや儚さを感じさせる美のなかに、しかし懸命な強さを込めた作品を発表する宮川は、2014年には美術家、奈良美智が選抜する若手作家を支援するプロジェクト「PHASE2014」に選ばれ、青森県立美術館・八角堂で展覧会「As I pray for you and me 」を開催。また2015年には平塚市美術館での「ペコちゃん展」に出展するなど精力的に活動しています。
 本展覧会「filtration」は、人が形成される(あるいは成長する)過程において受ける外的影響をそれぞれの深層意識のなかで「濾過(filtration)」しながら取り込んでいくことに着目、そこにある自らの思考を可視化することを試みます。

個展によせて|メモ 2017年7月10日

濾過、という言葉で展覧会をします。

濾過とは
液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くことです。

生きているとたくさんの美しいものや醜いもの、
楽しいこと悲しいことに触れていきます。

それらは全て身体に吸収され、肉体の一部となります。
良くも悪くも、人は外側から入ってきたものによって
内側を形成されるのです。

入ってきたものを取捨選択するのは自分自身です。
それを濾過して肉体の一部へと変化させていき、
一生を共にするのです。

いもむしが、さなぎとなり液状から
蝶へと変化するように、
私は詩や粘土、絵を描くことで私の思考をどろどろにしてから
可視化しようと形にすることを試みます。
(宮川慶子)

宮川慶子/miyagawa keiko

1991年 神奈川県横浜市生まれ
2014年 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻領域 卒業
2016年 東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域修了
Award
2016「MONSTER Exhibition 2016」最優秀賞
2014「プロジェクト|PHASE 2014」奈良美智が選ぶ若手作家選抜
Solo exhibitions
2017「filtration」gallery fu(神奈川)
2016「Close yet far」galerieH(東京)
2015「Paresthesia」galerieH(東京)
2014「As I pray for you and me 」青森県立美術館 (青森)
2014「As I walk inside you」 galerieH(東京)
2013「向こうの入り口」 gallery元町(神奈川)
Group exhibitions
2017「浴槽とヒタキバを巡る小さな冒険」銭湯「宮の湯」跡地(東京)
2016「冬の所蔵品展」平塚市美術館(神奈川)
2016「Oni no Hashi/little by littele|前川ひな/宮川慶子 2人展」MASATAKA CONTEMPORARY(東京)
2016「MONSTER Exhibition 2016」渋谷ヒカリエ 8/COURT(東京)
2016「東京造形大学大学院 修了論文/制作展 ZOKEI展」東京造形大学(東京)
2015「ペコちゃん展」平塚市美術館(神奈川)
2014「祈りのグラデーション」東京造形大学(東京)
2014「うつろいつつうらうら」アートラボはしもと(神奈川)
2014「掘りごたつハリケーン」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
2014「東京五美術大学連合卒業修了作品展」国立新美術館(東京)
2014「東京造形大学卒業修了制作展 ZOKEI展」東京造形大学(東京)
2013「銀座彫刻博覧会|エストネーション銀座店開店5周年記念展覧会」エストネーション銀座店(東京)
2013「池田満寿夫 入江明日香 井田大介 宮川慶子 高橋亜弓 5人展」番町画廊(東京)
2013「I //// My ( ) 遠いところに結んでみる、近いところをほどいてみる」Vague Art Complex Bar(東京)
2013「-Relation B-」麻布十番ギャラリー(東京)
2012「交換日記的<CORRESPONDENCE>」東京造形大学(東京)
2012「Light room vol.10」大倉山記念館(神奈川)
2012「静脈果実 Light room vol.8」ブラフ18番館(神奈川)
Fair
2017「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2017」ホテルオークラ福岡(福岡)
2016「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2016」ホテルオークラ福岡(福岡)
2012「AAC Fresh!! ACT ART COM -Art &Design Fair-」The Artcomplex Center of Tokyo(東京)


カテゴリー: exhibitions

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
filtration
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。