4/29-5/21▷海老塚耕一|にぎやかな身振り -ドローイング-

4月29日(土)〜5月21日(日)
12:00〜20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊

イメージが見つかる。そこから言葉が生まれ、線となり、形となる。

  gallery fuでは2017年4月29日(土)から5月21日(日)まで「海老塚耕一|にぎやかな身振り -ドローイング-」を開催いたします。
  彫刻家、版画家として活動する現代美術作家、海老塚耕一は、川の音を聞き、風に触れながら制作を行っています。木を素材に用いることの多い彫刻作品は巨大な空間を出現させ、銅版画を含む近年の作品は風や水をテーマにしているものが多く見られます。木や鉄という確かにそこに「ある」素材を用いることによって、逆に「目に見えること、言葉にできることの外側」を探し出そうとしているように思えます。そしてその行為の元となるのがドローイングです。
  イメージが見つかり、そこから言葉が生まれ、線となり、形となります。
  今展覧会では、大小合わせて81点のドローイングを展示いたします。躍動感あふれる思考の源流を楽しんでいただきたいと思います。(gallery fu代表 鈴木智惠)

海老塚耕一/Ebizuka Koichi(現代美術作家, 彫刻家, 版画家)
多摩美術大学 美術学部 芸術学科教授
1951年 横浜市出身
1979年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
主な活動
1986年「第6回インドトリエンナーレ」ゴールドメダル受賞(インド・ニューデリー)
1987年「第19回サンパウロ・ビエンナーレ」出展(ブラジル・サンパウロ)
1989年「第4回アジアン・アート・ビエンナーレ」最優秀作家賞受賞(バングラディシュ・ダッカ)
1991年「第15回平櫛田中賞」受賞(岡山・伊原市立田中美術館/東京・日本橋高島屋)
1997年「モンドマルサン彫刻展」出展(フランス・モンドマンサル)
1997年「インサイド」出展(ドイツ・カッセル)
1999年「第5回瀬戸田ビエンナーレ」作品設置(広島・瀬戸田町)
2001年「第19回現代日本彫刻展」神奈川県立近代美術館賞受賞(山口・宇部市野外彫刻美術館)
2002年「海老塚耕一展 -眼差しの現象学-身体・素材・記憶」(神奈川・神奈川県民ホール)
2003年「第14回タカシマヤ美術賞」受賞
2003年「大地の芸術祭 越後妻有アート・トリエンナーレ2003」作品設置(新潟・十日町市、津南町)
2007年「絵画・彫刻・今 そして明日へ 海老塚耕一展」(神奈川・かわさきIBM市民文化ギャラリー)
2007年「海老塚耕一展 混合の記憶-水と風の運動より」(富山・入善町下山芸術の森発電所美術館)
2009年「海老塚耕一展 呼吸する風の肖像」(群馬・渋川市美術館)
2012年「海老塚耕一展 風、扉は閉まっていると水に語る」(愛知・中京大学アートギャラリー)
2013年「海老塚耕一 水辺に佇み、風に触れる」(神奈川・カスヤの森現代美術館)
2014年「海老塚耕一 境界へ、水と風から」(神奈川・横須賀美術館)
2015年「第92回春陽展」岡鹿之助賞受賞(東京・国立新美術館)
2017年 海老塚耕一「励起する表面」作品を触れる・見る・感じる(東京・八王子夢美術館)
ほか、国内外での個展開催、国際展、グループ展出展多数

 


カテゴリー: information, exhibitions

10月、11月のスケジュール

10/3(火)~10/15(日)
exhibition
石山あゆみ|篠原詩織
まぶたのうら

2017年春、東京藝術大学大学院(油画)を修了した新進の美術家、石山あゆみと篠原詩織による展覧会。日常の中で出会うデザインやキャラクターなどのイメージを絵画の世界に静かに閉じ込め、その中で生命を与えることを試みる石山あゆみ、また、日常の何気ない風景を独自の視点で捉え直しうつしだす篠原詩織のインスタレーション。目に映った実像と、目を閉じだなかに残る残像、あるいはイメージ、そのどちらも愛おしいというふたりの、そこから生みだされる作品にひかりをあてる。


11/11(土)~11/19(日)
group exhibition
神島美明|山本喜久夫
三橋康弘|大森康生
大内雅史|磯部剛弘
鉄道でめぐる四季
6人のフォトグラファーがそれぞれの視点で捉えた「鉄道と四季」をテーマとした写真展を開催。30数点の写真作品に加えて、鉄道関連のグッズなども展示。


11/21(土)~11/26(日)
exhibition
Kaori Uchiyama
Beyond Thereー見たことのない風景ー
自然と人や生き物とのかかわりに焦点を当てるフォトグラファー、Kaori Uchiyamaの写真展。屋久島の息をのむ自然をドローンを使って上空から撮影。