4/18-4/23▷青島綾音|一枚のドローイングから

418日(火)~423日(日)
12:00〜20:00 最終日は18:00まで 入場無料

ドローイングと作品は、互いにつながりを持ち、関わりあっている

  多摩美術大学美術学部芸術学科4年に在学中の青島綾音の初個展です。本展覧会では、青島にとって「ひとつの作品の表現につながるものを見つけていく行為の集積」だというドローイングと、さらにその集積から生まれる油彩画作品を同時に展示します。ドローイングと油彩画、そのつながりのなかから、青島の思考と表現をより深く感じとっていただきます。

個展によせて
  線と層をテーマに、支持体に対し線をいくつも描き重ねて層をつくり、それらが絵画平面の内にどれだけの空間をつくり込むことができるのかを追及し、作品を制作しています。その際、何か具体的なイメージやモチーフを描くのではなく、自分の身体から生まれる線を用いて、抽象的な画面を構成し表現しています。
  また、作品を制作する際には、ドローイングを必ず行ないます。私の制作において、ドローイングというものは、ひとつの作品の表現につながるものを見つけていく行為の集積であると考えています。なので、ドローイングに見られる線や空間の表現は、作品のなかでも同じように表現されている部分もあるのです。
  ドローイングと作品は、互いにつながりを持ち、関わりあっているのです。

  今回、初めての個展ということもあり、ただ完成されたタブローを見せるだけでは、私の表現の世界を感じてもらえないと思い、タブローとドローイングを同じ空間に展示することで、私がどのように作品を制作し、表現をしているのかをより感じてもらえる、知ってもらえる発表の機会にできればいいと考えました。
  また、私にとってドローイングは思考の具現化であり、常に作品を制作する過程のなかで存在しているものです。その存在があったからこそ、現在の表現へと進化していったと言っても過言ではありません。このドローイングの存在が、どれだけ自分の制作において重要なものとなっているのかということも、この展覧会を通じて感じていただければ幸いです。(青島綾音)

青島綾音/aoshima ayane
1994年 神奈川県出身
2017年 多摩美術大学美術学部芸術学科4年在学中

主な展覧会/グループ展
2014年「BAKER’S DOZEN MUSEUM」 TURNER GALLERY(東京)
2014年「BAKER’S DOZEN MUSEUM2」 TURNER GALLERY(東京)
2015年「またたき展」多摩美術大学 芸術祭 同一学科団体展示(東京)
2016年「AHA gallery project 春展」Addu Mamma(東京・渋谷) bar butter(東京・渋谷)
2016年「AHA gallery project 夏・秋展」 Addu Mamma(東京・渋谷)
個展
2017年「一枚のドローイングから」gallery fu (神奈川・横浜石川町)

Ayane Aoshima|tumblr →こちら

 


カテゴリー: exhibitions

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。