Archives

8/4-8/30▷参加型展覧会|糸 70OKU⇆TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)

gallery fuでは、8月全日を夏季休廊とし、企画・制作として本展覧会を2017年8月4日(土)~8月30日(水)まで、JICA横浜3F展示コーナーにて共催いたします。ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひご来場く

カテゴリー: exhibitions

7/29,7/30▷デザインワークショップ|アルファベットアニマルをつくろう

デザインの考え方と発想のしかたが学べる棚澤英恵のデザインワークショップ7月29日(土)、7月30日(日)13:00〜15:30 このデザインワークショップでは、折り紙で切り貼り(コラージュ)しながら、動物なんだけどその動

カテゴリー: information, workshop

7/21,7/22▷アニメワークショップ|フシギな生き物のカクカクアニメをつくろう

アニメーションの仕組みと構成が学べる信耕ミミのコマ撮りアニメーションワークショップ7月21日(金)、7月22日(土)13:00〜15:00 紙や身近にあるものを組み合わせて動物をつくり、カクカク動かしてみよう。写真に撮っ

カテゴリー: information, workshop

7/15-7/23▷信耕ミミ|ハイドアンドシーク

2017年7月15日(土)~7月23日(日)12:00~20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊かくれ上手だけどちょっとだけ見つかりたい 国内はもとより、ブルガリアやクロアチアの国際映画祭などでも高い評価

カテゴリー: exhibitions

7/1-7/9▷特別展|カイカイユカイな生き物図鑑

2017年7月1日(土)〜7月9日(日) 12:00〜20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊生き物たちの不思議な力と魅力を再発見する 45億4000万年前に誕生したと言われる地球、その中で人類の起源は6

カテゴリー: exhibitions

6/14, 6/15▷立川志の八|~芸術と芸能の間で・・・~ RAKUGO fu×8

横浜元町石川町のgallrey fuで2日間。立川志の八、昼と夜の2回、計4公演、全8演目。魅せます、利かせます、ハナシます!6月14日(水)、6月15日(木)昼の部:開場 13:30開演14:00|夜の部:開場 18:

カテゴリー: information

6/10, 6/11▷造形ワークショップ|アルミの森

アルミホイルをつかって見たこともない世界「アルミの森」をつくろう6月10日(土)10:00〜12:00、12:30〜14:30、15:00〜17:006月11日(日)10:00~12:00、12:30~14:30、15:

カテゴリー: information, workshop

5/13▷母の日特別企画|Mather’s Day チョコレートでありがとう

こどもの創造ひろば at あーすぷらざ「いつもありがとう」の気持ちを込めてママに贈るデコレーションチョコをつくりましょう!5月13日(土)10:00~12:00、14:00~16:00 gallery fuでは、講師に横

カテゴリー: information, workshop

6/2-6/4▷大内雅史 / 山田洋史写真展|恵み -megumi-

6月2日(金)〜6月4日(日)12:00〜20:00 最終日は18:00まで 入場無料ふたりのフォトグラファーによる写真展『惠み』を開催いたします。  大自然と農家や漁師の方々の日々の営みがもたらしてくれる食の『惠み』と

カテゴリー: exhibitions

4/29-5/21▷海老塚耕一|にぎやかな身振り -ドローイング-

4月29日(土)〜5月21日(日)12:00〜20:00 日曜日は18:00まで 入場無料 月曜日休廊イメージが見つかる。そこから言葉が生まれ、線となり、形となる。  gallery fuでは2017年4月29日(土)か

カテゴリー: exhibitions

8月、9月のスケジュール


8/4(金)〜8/30(水)
exhibition
参加型展覧会
糸 70OKU⇄TSUNAGU(糸 70億・つなぐ)
世界のこどもたちが1本20センチの糸を結びつないだ大きな糸玉を使って、美術家・加藤千晶が編み進める作品展示作品「目には見えないつながりの造形」にさらに糸をつないでもらい、世界の人々とのつながりを確信してもらう参加型の展覧会。ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム。


9/2(土)~9/16(土)
exhibition
田代聖晃(tashiro kiyoaki)
ブラックホールで死んでみる
アートジュエリー&オブジェを表現媒体とするアーティスト田代聖晃が、万物の構成要素である分子や原子、細胞をモチーフに、人体の表面をボーダーとした内側と外側への世界の可能性、そして人間という一個体が持つ境界性や位置感の重要性を探る


9/19(火)~10/1(日)
exhibition
宮川慶子(miyagawa keiko)
濾過とは液体や気体を濾(こ)して、ごみなどをとり除くこと。良くも悪くも、人は外側から入ってきたものを濾過して肉体の一部へと変化させていき、一生を共にする。いもむしが、さなぎとなり液状から蝶へと変化するように、宮川慶子は詩や粘土、絵を描くことで自身の思考をどろどろにしてから可視化しようと形にすることを試みる。