about fu

アートをもっと楽しんでほしい!ー観る・体感するー

 gallery fuは、現代アート(Contemporary Art)を中心にジャンルにとらわれることなく常に新たな可能性を生み出していくアート空間です。

 従来の作品概念にとらわれない現代アートの多くは、現代社会の情勢や問題を反映しているため、その作品をより深く理解するには美術のみらなず多方面の物事に照らし合わせなければなりません。それゆえ「現代アートってなんだかわかりにくい」と言われてしまいます。

 そこで私たちは、まずは、鑑賞者が既存の概念にとらわれることなくアートを楽しめるギャラリーでありたいと考えました。素直な気持ちでじっくりと作品に向き合ってもらいたい、リラックスした雰囲気のなかで作家とのコミュニケーションをとってもらいたいという思いから、ギャラリーを見渡せる小さなカフェを併設しました。

 また、観るだけてはなく、アートを体感してもらうことを目的として、展覧会と平行して行なうアート・ワークショップや、アートのいろいろな疑問に答えるセミナーを継続的に開催しています。

 さまざまな角度からアートと向き合ってみると、するとどこかで心を大きく動かされる瞬間に出合うはずです。私たちは、アートの持つ魅力のひとつである“価値観の多様性”を実感できるギャラリーでありたいと考えています。

gallery fu代表 鈴木智惠

 

gallery fu/ギャラリー フー
神奈川県横浜市中区石川町1-31-9
郵便番号〒:231-0868
電話:070-6429-8597

gallery fu
1-31-9 ishikawatho
Naka-Ku Yokohama Kanagawa, Japan
zip code〒:231-0868
phone:070-6429-8597

facebook
gallery fu

 


10月、11月のスケジュール

10/3(火)~10/15(日)
exhibition
石山あゆみ|篠原詩織
まぶたのうら

2017年春、東京藝術大学大学院(油画)を修了した新進の美術家、石山あゆみと篠原詩織による展覧会。日常の中で出会うデザインやキャラクターなどのイメージを絵画の世界に静かに閉じ込め、その中で生命を与えることを試みる石山あゆみ、また、日常の何気ない風景を独自の視点で捉え直しうつしだす篠原詩織のインスタレーション。目に映った実像と、目を閉じだなかに残る残像、あるいはイメージ、そのどちらも愛おしいというふたりの、そこから生みだされる作品にひかりをあてる。


11/11(土)~11/19(日)
group exhibition
神島美明|山本喜久夫
三橋康弘|大森康生
大内雅史|磯部剛弘
鉄道でめぐる四季
6人のフォトグラファーがそれぞれの視点で捉えた「鉄道と四季」をテーマとした写真展を開催。30数点の写真作品に加えて、鉄道関連のグッズなども展示。